SFA導入する前の方が良かった?見直すべき点

SFAを導入すれば管理が楽にはなりますが、うまく使いこなせなければこれまでの管理方法の方が良かったという事も少なくありません。
データ集計やリアルタイムで進捗を確認できるなどメリットがたくさんあるSFAではありますが、現場の人間が使いこなせなければ導入しても効果は薄いでしょう。
多くのSFAは豊富な機能が備わっているため目的に合わせてカスタマイズすることが可能ですが、各々が勝手にカスタマイズしてしまうと情報の共有化を行っている意味がなくなってしまいます。
SFAを導入する際は、それを管理してくれる管理者を置いておくと良いでしょう。
導入初期は問題なくとも、長く使い続け、担当が変わってしまうと管理の甘さが一気に裏目に出てしまうことがあります。
多くの人が安定して長く使い続けるためにはシステム管理者が重要となります。
すぐに用意することは難しくとも、SFAを使用している人間のうちの誰か一人はシステムに詳しくなっておくに越したことはありません。

社内スマホとの連携で社員の場所がまるわかり
連携がうまくいっていないのであれば、導入を検討してはいかがでしょうか?

借金や倒産により夜逃げ資金が足りない人でも夜逃げ屋アシストはサポートします!

CSR測定ができるすべり測定士の育成を一般社団法人床の滑り測定協会では実施しています